My-yuki Project

[タイトルページ][読み物][こういち秘密の日記]
1998年 6月11日作成

第6話「初めての、まだ小さな、逃亡」

てとてとてと。
なるべくへやのすみっこにそって、わたしはあるきはじめた。
なあーに?このへや。
本とか、ふうとうとか、しんぶんとか、いろいろさんらんしてる。
だらしないわねえ。
ま、かじるものがいろいろあって、うれしいけど。
たたみを2・3ぽあるくたびに、すこしかじりながら、おしいれのまえにきた。
くらくて、うーん、いいかんじ。

「こういちー、こうちゃーん。」
「こーちゃーん、出ておいでー!」
ふふふ。
そろそろ大さわぎしはじめてるわね。
でも出てってあげないもんねー。
あー、せまくて、すっごく気もちいい。
つうしんはんばいの本の上にのっかって、大きなミシンとだんボールばこにはさまれて、あんしんするねばしょをかくほ。
なーんか、すっごくねむくなってきた…。

「もーっ!
 誰よー!
 ふた開けっ放しのまんまで目を離したのはー!?」
うっ、うるさーいっっ。
なに?
なに?
ねむれないじゃない!
「どーして人のせいにするのよ!
 あんたじゃないの?」
「変な物入れるからいけないんでしょ!」
「いい加減にしてよ!」
いーかげんにしてほしいのはこっちよ!
子ども3人がわやわやさけんでて、もーおひるねどころじゃないわっ。

そーだ、このいえからも出ていこう。
にんげんくさくないところまで行かなくちゃ。
たしか、おしいれをでて、ひだり手にまどがあったわね。
まどのまえに「よしえ」のガラクタが、いっぱいおいてあるから、そのかげにかくれて、まどがあいたしゅんかんに出ていこう。
たべものはとりあえず、ほおぶくろにたくさんつめてあるし。
もー、じゅんびはカンペキねっ!

さて、ちょっとまどのそとをのぞいてみようかな。
わたしはガラスに手をついて、せのびしてそとをながめようとした。

な、なに?
目のまえがまっくろ!!
こ、こわい、いやっ、なに!?
こっちをにらんでる!?
こ、これはでんせつの、
………………………………
…………カ、カラス!!!!

いやーーーーっ!!!!

わたしはおもわずまどからとびのいて、はんたいがわににげ出した。
やーっ、やーっ、やーん!
まえも見ないではしってたら、いきなり目のまえにかべがあった。
きゃーーーーっ!!

ぽて。
「あれ?何の音?」
「こういちが壁にぶつかってるよ…。」

いたいよう。
わたしはおうちの中で、きずをなめた。

つづく。

第7話「身体測定・身長編〜明かされる出生の秘密〜」
ついに光一の出生の秘密が明らかに!
「ハムスター」にしては、「普通」なのかも知れない、が…!?

[タイトルページ][読み物][こういち秘密の日記]

mailto:yukiyuki@my-yuki.com

"My-yuki Project" Produced by Yukie Kanda.