My-yuki Project

[タイトルページ][読み物][Key SS (Twitter小説)]−[リトルバスターズ! 1]
2010年 2月16日更新

リトバスSSバレンタイン特集。
バレンタイン当日に思いついて全部で1時間半くらいで作りました。がんばったぞ、私。
無印メンバーだけなのは仕様です。っていうか全員分書く体力はありませんでした…。

「理樹君、はい、どうぞー」
小毬さんから大量のお菓子を手渡される。
ポッキーにダースに…
「今回はチョコばっかりだね」
「のんのん、今日はおすそ分けじゃないんだよー」
「え?それって…」
「うわああっ、バレンタインのチョコってことは内緒だったのにー」
また自爆。
2010/02/14
「理樹くーん!」
葉留佳さんだ。
「チョコをもらえないよーとお嘆きのボーイに」
「いや、もらったけど」
「えっ、誰に?ちぇー、ちぇー」
机の脚を蹴る。
「ありがと。もらっていい?」
「オレンジピールのチョコがけですヨ」
甘くてちょっとだけ苦い。
葉留佳さんのように。
2010/02/14
「少年」
来ヶ谷さんから何かを投げられる。
これは…
「うむ、おねーさんのパンティだ。頭にかぶって雄叫びを上げるが良い。残念ながら洗濯済みだがな」
「ちょ…来ヶ谷さん!」
はっはっと笑いながら去って行く。
「もう…」
返そうとしたその布の中には手作りのクッキー。
2010/02/14
「いつもお世話になっていますので」
西園さんから綺麗に包装された包みを受け取る。
「ありが…」
「勘違いしないでください。義理です」
そんなににやけていたかな。
「じゃあ恭介達とお返し奮発しなきゃ」
「いえ、あの、直枝さんだけ…です」
「え…」
「でも義理ですよ」
2010/02/14
「直枝さん、どうぞ」
クドにチョコレートケーキをもらう。
「ん、おいしい。今すぐにでもお嫁さんになるね」
冗談っぽく言う。
「おおおお嫁さんれすかー!?そっ、それはまだ学生の身ですし、でっでも…ふつつか者ですがよろしくお願いします!」
「プロポーズOK!?」
2010/02/14
「理樹、やる」
鈴が板チョコを突き出した。
「バカ兄貴が『今日理樹にチョコを渡せ』と言ってきた」
鈴はバレンタインには興味がないようだ。
恭介もそこまで気を回さなくていいのに…。
鈴がこっちをじっと見ている。
「食べたい?」
ちりん。
「一緒に食べよう」
「うんっ」
2010/02/14

[タイトルページ][読み物][Key SS (Twitter小説)]−[リトルバスターズ! 1]

mailto:yukiyuki@my-yuki.com

"My-yuki Project" Produced by Yukiyuki.