My-yuki Project

[タイトルページ][読み物][どうでもいいこと]
2001年10月 6日更新

顔と名前と言霊と。

言霊は口よりも身体の中に宿る。
言霊って信じますか?

言霊(ことだま)って信じますか?
言葉には魂が宿っている、とか、言葉には不思議な力がある、というあれ。
モノに名前をつけると魂が宿る、呪いの言葉を不用意に吐いてはいけない…など、色々言われています。
辞書的な定義などは他に譲るとして。
私的な言霊の話。

モノに名前をつけるということ。
私は、心霊現象とか超常現象とか、基本的に信じていません。
でも、一概に馬鹿にしたものじゃないな〜とも同時に思っています。
だって、テレビでやってるのは嘘くさくても、まだよくわかんないことっていっぱいあるでしょうからねえ。

私は結構物に話しかけるタイプで、家族に笑われています。
物の扱いが非常に雑なので、大切に長く使おうなんて、これっぽっちも思っていないんですが。
でも、一緒にいる間は楽しくやりたいじゃないですか。
だから、そこそこの高級品(!?)にはちゃんと名前がついています。
このHPをご覧になっている方はご存知でしょうが、メインで使っているノートパソコンのThinkPadは「紫呉(しぐれ)」ちゃん。
その前のMebiusは「めびー」。
さらに前に使っていた(親の)パソコン達も「ダイナちゃん」「ぷりしぇ」「りぶちゃん」…まあ、なんともセンスのない名前がついています。
さらに、自転車は「ちゃりちゃり」、携帯電話は「My電話」、PocketPostPetは「ピータン」…。
すぐに物を壊してしまうからこそ、それまでの間は愛情を注いでやりたいと思っています。

年上と年下とその間で。
そんな風に、物と仲良くしている私ですが、別に電化製品オタクとかではなくって。
ちゃんと人間の友達もたくさんいます(平均よりは少ないけど)。
でも…。
その友達って、大体年上か年下なんです。
会社に入って知り合いや仲良しになった先輩はいるのですが、同期とはなかなか…。
同じ部署の同期とは仲良くお昼食べたりしてるんですけどね、その他の同期とはほとんど面識がないに近い状態。
もともと、狭く深くなつきあいかたをする方なので、まあしょうがないかねえ、とは思っていますが。
でもやっぱりこれは良くないでしょう、と原因を良く考えてみたりして。

ちなみに、どつぼる人って「どうしてこうなっちゃったんだろう」とか考えがちですが、実は原因を考えるのは無駄な作業だそうです。
モノの本によると。
だから私もどつぼった時は原因を考えないようにしています。

閑話休題。
で、一番の原因は、「顔と名前が一致しない」なんですよ。
もともと、人間の顔の認識能力が弱いので、顔がわからない。
で、積極的に人に話しかける方ではないので、きっかけが全然つかめず…そのまんま。
さらに人間に対して「かっこいい人」「ごつい人」「へなちょこな人」「うるさい人」「眼鏡かけてる人」位の区別しかできないので、よく人の名前や以前に聞いたエピソードがごっちゃになる。
そんなわけで、再び会っても(この人会ったことがあるよな…でも名前が…)と困ってしまって、「確か剣道やってましたよね」とか言うと「?」という顔をされたりして。
だからなかなか人を覚えられないのです。
一度親しくなってしまえばこっちのものなんですけどね…。

名前を口に出すということ。
で。
ふと気がついたんです。
同期の名前を口に出したことがほとんどないこと。
男の子だったら「××君」、女の子だったら「××さん」ってのがまあ普通かな、って思って呼びかけるときはそう言っているんですが、自分の中で何か違和感があって。
友達同士だと既にあだ名で呼び合ってたりするけど、私がいきなりそう言っても馴れ馴れし過ぎるし、あんまり親しくない人をいきなりあだ名で呼ぶのも嫌だし…。
要は距離を測りかねるんですね。
なんと言って良いのかわからないから呼ばない。
でも、何かを頼むのだって「ねえ、これやって」より「ねえ、××さん、これやって」の方が絶対感じがいいし。
しばらく経ってからだと「××さん、下の名前教えて」なら言えるけど、「名前わからないから教えて」は聞きにくいし。
大体、呼んでるうちに名前覚えちゃうし。

年上や年下だったらそれがないんです。
だって、呼び名は「名字+さん」でOKですから。
だから、仲良くなれるんだなあ、と。
距離がわかるから。
一線を引いたままでいいから。

言霊。
言霊。
名前をつけることには意味があると思います。
モノに名前をつけることによって、ヒトはモノに魂を込める。
モノが生きていると認識する。
モノが特別なものだと認識する。

名前を呼ぶことには意味があると思います。
ヒトがヒトを認識する。
「私はあなたのことを知っていますよ」と、自分にも相手にもアピールすることができる。
自分の中に住まわせた「他人」のレプリカに、魂を込める…。
自分の中で、他人が生きた存在として認識される。

言葉には、力がある、そう、思います。
他人に「名前」をつけるだけで、仲良くなれる可能性は格段に大きくなるのです。
「名前」はあだ名かもしれないし、「××さん」かもしれないし、呼び捨てかもしれない…。
でも、「私はあなたを「こう」認識していますよ」というスタンスを明確にするのは同じです。
どんな呼び方でもいいから、とりあえず。
名前を呼んでいこうと思うのです。
言霊の力を借りて…。

[タイトルページ][読み物][どうでもいいこと]

mailto:yukiyuki@my-yuki.com

"My-yuki Project" Produced by Yukie Kanda.