My-yuki Project

[タイトルページ][日記][過去の日記]−[03年 8月]
2003年 9月 9日更新

8月分の日記です。
7月|9月→

2003年 8月31日(日)
昨日は地元商店街のお祭りに行ってきました。
お祭りって言っても商店街のおじさんたちが手作りの屋台を並べてわたあめ作ったりする素朴なものです。
涼しかったのでかき氷の売れ行きはあんまりだったみたいですが、ビールやラムネ、焼きそばなどは大盛況だったようです。
なんといっても屋台のプロ(!?)ではなく、おじさんたちが手作りで作っているのが良いのですよ。
しかも、ビール200円、ラムネ100円、焼きそば200円なんて激安です。儲け全然ないんじゃないでしょうか。
地元の人や子供たちのために、楽しみながらお祭りを盛り上げていく商店主の皆様にはただただ頭の下がる思いです。
もちろんラムネと焼きとうもろこしと焼きそばはお約束。たっぷり楽しませていただきました。

それはそうと。
今日も別の商店街でお祭りです。
私の住んでいる町は、なぜか商店街がわさわさあって、夏は毎週末お祭りって感じなんです(笑)。
こちらの商店街も、数週間前から夜中におじさんたちが手作りのゲーム台(野球盤やパチンコ台)を目をきらきらさせながら作っていて気合が入っています。
今日は何食べようかな〜♪

2003年 8月28日(木)
白黒にしてみたり。 しまった。大きくしすぎました。
特に意味はないのですが、トーンを貼った感じで「ホントの気持ち。」の表紙(8月7日の日記参照)を加工してみました。
Web公開の場合って、カラーより白黒にする方が面倒だし、見るほうもダウンロードにかえって時間がかかってしまうなど、何かと不都合かも。
←これだって、日記にいつも載せる画像サイズの約2倍の容量があります。

そもそも白黒だと地味になっちゃうんですよね(^_^;
よくよく考えてみたら、PCのディスプレイなんてTVの画面と同じ感覚ですものね。
そりゃ、総天然色じゃなかったら変な感じがしそうです。

もっとも、白黒や一つの色調でまとめて、きれいなページを作っていらっしゃる方も(割合で言ったら少ないですが)多くいらっしゃいますから。
一概にどうとは言えないですね。

"My-yuki Project"はどうかというと。
色、ばらばらです。
一応、3年以上前から志向しているイメージはあるのですが、実物のサイトはなかなか近づいてくれません(いや、近づかせるのは私以外にはいないわけですが)。

色味は、ほんわかしたパステルカラー(目にぎらぎらしないし♪)。
ページ全体を同じような色調で整えつつも、文字は濃い色や色調をずらした色できりっと引き締めて。
リンクは既読・未読の色を分け、利便性を図ると共に、既読と未読が混ざっていても違和感のない同系色でまとめます(既読の方が渋めの色ですね)。

サイト全体のデザインはかっちりと決めて、リニューアルなんてしません(改良を除く)。
目先のデザインだけ変えても、中身のコンテンツが良くなるわけではないですし、デザインを変える暇があったら更新をしようと。
デザインが変わらない方が見るほうも使いやすいだろうと思います。

で、デザインを見ただけで"My-yuki Project"にいることが感覚的にわかってもらえて、コーナーごとに統一した色(小説はクリーム色で情報ページは水色、とか)で、どのコーナーにいるかがわかって迷子にならない、と。

結構こだわりはあるんですが、現状は中途半端。
まずは中身を充実させることを考えないと。
あとは、思いやりと想像力があれば、なんとかなるんじゃないかと、のん気に構えています。


2003年 8月27日(水)
神田雪絵の夜はVBAとゼクシィと京極堂でできている(嘘)。

本日の購入本。
「Excel VBA 実用サンプルコレクション」SOFT BANK刊
「ゼクシィ 新生活ちゃんと準備BOOK」RECRUIT刊
「僕たちの好きな京極夏彦」宝島社刊

んな無茶苦茶な、と言おうとして、はたと気づきました。
どれもOLさんが買いそうな本だ、と。
これらの本を買うOLさんの絶対数は多くないけれど、珍しくはないはず。
Excelをよく使う事務か、ちょびっとIT業界のお仕事をしていて、小説をよく読むお嬢さん、って感じでしょうか。
と、すると、まったく同じジャンルの組み合わせ(本は違っても)で本を購入している人が全国にたくさんいるはず!

ふふふふふ。
まだ見ぬたくさんの同志がいると思うとわくわくしますねぇ〜♪

2003年 8月26日(火)
ねこ、その後。

月曜の朝。
シャッターの閉まった魚屋さんの前には誰もいませんでした。
会社帰りにダンナと電話で猫について語らいつつ、お互いあきらめモード。
…っていうか、あの時白目むいてたんですよ。あの子。

…がしかし。
あっさりと彼(もしくは彼女?)は魚屋さんの前にいました。
心なしか、先日よりぼろぼろのような気がします。
そしてなぜか、先日より態度がでかいような気がします。
お店から出て行く魚屋さんのお兄さん(おじさんとは別の人)に思いっきりガンとばしたりして、我が物顔です。
お兄さんは睨まれつつも、悪い気はしないようで、にこにことお遣いに行っていました。

いや、オチはないんですけど。
よかったよかったね、って。

2003年 8月25日(月)
金曜の夜、商店街の魚屋さんの前に、白黒のぶちの猫(と言うか、足とお腹の白い黒猫、と言った方がイメージしやすいかも)がいたのです。
犬の「おすわり」のように、ちょこんと座って、魚屋のおじさんをじぃっと見つめていたのです。
おじさんがお店の前で働いていると、お店の前で。
おじさんがお店の中で働いていると、お店の横の、中が見えるところに移動をして。
土曜日の昼もそうやって座っていました。
土曜日の夜は、なんだか顔を低くして、臨戦態勢に入っていました。
その子がおじさんから魚をもらえていたかどうかはわかりません。
(しかし、少なくとも追い払われてはいなかったので、いぢめられてはいなかったのでしょう)

日曜の昼、また魚屋さんの前を通ったら、その子が倒れていました。
魚屋さんは日曜日なのでシャッターが閉まったままです。
ただ単に寝ていたのか、倒れていたのか、亡くなっていたのか…。
夜にはその子はもういませんでした。
ダンナは「猫は死に際は人に見せないよ」と言っていました。
その言葉を信じて、また元気なあの子に会えるといいなと思っています。
案外、今日の朝会社に行く時に元気な姿が見られるかもしれません。

2003年 8月21日(木)
所属長や先輩方とよく話をするのですけれど。
やっぱりまだまだ私はものの見方が近視眼的な気が。
私:「こんなにこんなにこんなに準備するのに大変だったんですよ〜!」
人生の先輩方:「他でもそれってやるよね?一回準備しておけば大丈夫なようにできないの?」

…気をつけます。

2003年 8月19日(火)
夏コミ終了〜っ!

今回は途中で具合を悪くしたり、目玉が飛び出るほどの特急料金を払ったり、ゲスト様をお迎えしたり、あちこちご挨拶に行ったり、たくさん差し入れをいただいたり…とにかくいろんなことがありました〜!

たくさん変わったことや楽しいことがあったので、顛末をまとめたいのですけれど。
さすがに終電と徹夜続きだったので、本日(日付は火曜ですが月曜夜、です)は早めにおやすみなさいです。

2003年 8月14日(木)
…うわ、今日は父の誕生日だった…。
実家に顔でも出そうかな…。

あああ!
今日はゴールの日!
思い出すだけで切なくなってきます。
…って、何がどうとか言ったらネタバレになるので、何がどうとかは言えません…。
知らない人にはなんのことやら。

とりあえず観鈴の落描きでもして心を慰めることにします。

2003年 8月10日(日)
今日はのんびり洗濯したりお絵描き掲示板でお絵描きしたり。
たまにはこんな日があっても。

明日から(同じプロジェクトですが)ちょっと毛色の変わった仕事を単発ですることに。
緊張する〜〜〜っ。

2003年 8月 9日(土)
…入稿後のお休みTimeも終わったので、そろそろ次の活動に移ろうかと。

最近勉強したいのが、UNIXのコマンド類。
まあ、MS-DOSでもいいんですが。
会社ではUNIX系のコマンドを扱う機会が結構あるんですが、今まではls(ファイルの一覧を表示)、cd(ディレクトリを移動)、rm(ファイルを削除)位しか使えてなかったんですよ〜。情けなや。
せめてファイルの検索や編集くらい、ヘルプを見ずにちゃちゃっとできるようになりたいです(目標低すぎ)。

あと、自宅でもMS-DOSのコマンドを使うと下手にテキストエディタやExcelを使うよりもずっと素早く処理ができることが判明したので、ちょっとずつ再勉強し始めています。
いや、何に便利かというと、HPのアクセスログ解析に…(^_^;
リンク切れを起こしているところのログや、勝手にバナー以外の画像を使われているところとか。
そういうののチェックにも便利なんです。

2003年 8月 7日(木)
『ホントの気持ち。』表紙やっとの思いで夏コミの原稿を入稿してきました。
なのでちょっと今回の本について語りモード。
今回はAIR本4冊目なんですが、タイトルを「ホントの気持ち。」にしてみました。
日本語のタイトルって英語と違ってぱっと見で意味がわかるから、ちょっと恥ずかしいです…。
入稿して帰ってきたら、広告メール(と言ってもいかがわしいそれではなく)で、「今井美樹ニューシングル、『ホントの気持ち』7/30発売」とあってちょっとブルー。
よそからタイトルをもらってくることは実際あるけど、今回まったく関係ないので…。
時期ぴったりすぎ(T_T)

あ、あと今回は時間がなくて表紙がいま一つかも…。
本文はいつもより丁寧に描けているんですが。
うまくいかないものですねえ…。
〆切直前に、塗りが間に合わないこともわかっていて3人つっこんだのは今回のテーマ(各ヒロインのTrue End後)に合わせたかったから。
中身自体はページの都合で佳乃の話だけは入れられずに次の本に持ち越しになってしまったんですけど。
っていうかこれだけ順調にかつ時間をかけて描いても、60Pというのは大量すぎました。
でもねー、やっぱり本は分厚い方が良いですね。
描いてて楽しいですもの。
時間制限(〆切)さえなければ、佳乃の話やら観鈴のシリアスやら入れて80Pまで増えそうでしたし。
やっぱり自分は分厚い本を作るのが好きなんだなー、と高校以来久々に実感。

夏コミ3日目にお出での方はぜひお手に取ってください。
「買ってやってもいいけど夏コミってなんだそれ」って方はメールをいただければ郵送もできますので。
今回表紙以外は(笑)すごく気に入っていて、とにかくたくさんの人に見てもらいたい気持ちでいっぱいです。
きっと入稿が済んでハイになっているせいかもしれません。

最後になりましたが、ゲストで原稿を描いてくださったあおいひじりさん、椎名夕弥さん、まりさん、本当にありがとうございました。

2003年 8月 5日(火)
先月下旬からの体調不良、まだ良くなりません。
今週前半に早めの夏休みをとることにしました。
落とさない程度に原稿もがんばりますが、まずは体調回復を基本に。

それはそうと。
夏コミの会場で使われるポスターを描き上げました。ぜいぜい。
コスプレ広場の入口で注意書きに使われるものです。
今回は「マーメイド メロディ ぴちぴちピッチ」の宝生波音(ほうしょう はのん)ちゃん。
夏コミにお出かけになられるかたは、ぜひご覧ください。

7月|9月→

[タイトルページ][日記][過去の日記]−[03年 8月]

mailto:yukiyuki@my-yuki.com

"My-yuki Project" Produced by Yukiyuki.